労作(読み)ろうさく

精選版 日本国語大辞典「労作」の解説

ろう‐さく ラウ‥【労作】

〘名〙
① (━する) 骨を折って働くこと。働。ろうさ。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「職事を学習し、労作し」
② 苦労して作り上げること。また、その作ったもの。苦心した作品。
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉下「長い労作の後で、三吉も疲れて居た」
※善心悪心(1916)〈里見弴〉「この労作(ラウサク)に芸術品としてのよい批評でも受けながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「労作」の解説

ろう‐さく〔ラウ‐〕【労作】

[名](スル)
骨を折って働くこと。労働。
「職事を学習し、―し」〈中村訳・西国立志編
苦心して作り上げた作品。「10年を費やした労作
[類語](1作業労働仕事労務役務えきむ労役ろうえき操業業務働く/(2名作傑作佳作佳編秀作力作大作

ろう‐さ〔ラウ‐〕【労作】

ろうさく(労作)1」に同じ。
身体を動かすこと。「労作性狭心症」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android