コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労作 ロウサク

デジタル大辞泉の解説

ろう‐さく〔ラウ‐〕【労作】

[名](スル)
骨を折って働くこと。労働。
「職事を学習し、―し」〈中村訳・西国立志編
苦心して作り上げた作品。「10年を費やした労作

ろう‐さ〔ラウ‐〕【労作】

ろうさく(労作)1」に同じ。
身体を動かすこと。「労作性狭心症」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうさく【労作】

( 名 ) スル
骨を折って作り上げた作品。力作。
骨を折って働くこと。労働。 「自ら其利を計りて-し/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

労作の関連キーワードゲオルグ ケルシェンシュタイナーケルシェンシュタイナー宇治の茶摘唄奈良の茶摘唄千葉の麦搗唄愛知の機織唄秩父の機織唄篠井の草刈唄狭山の茶揉唄三重の茶摘唄越前の製紙唄選鉱場おけさ東京の麦打唄岩坪の紙漉唄江差餅搗囃子労作性狭心症いやさか音頭北木島石切唄吉野の紙漉唄甲州の綿打唄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労作の関連情報