労作(読み)ロウサク

デジタル大辞泉の解説

ろう‐さく〔ラウ‐〕【労作】

[名](スル)
骨を折って働くこと。労働。
「職事を学習し、―し」〈中村訳・西国立志編
苦心して作り上げた作品。「10年を費やした労作

ろう‐さ〔ラウ‐〕【労作】

ろうさく(労作)1」に同じ。
身体を動かすこと。「労作性狭心症」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうさく【労作】

( 名 ) スル
骨を折って作り上げた作品。力作。
骨を折って働くこと。労働。 「自ら其利を計りて-し/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労作の関連情報