流動縞(読み)りゅうどうしま(英語表記)flow band, banding

岩石学辞典の解説

流動縞

流紋岩などの火成岩が固化する前の粘性流動で形成されるである.これらは隣り合った層の間で鉱物学的,組織,色彩などが異なっている[Oliver : 1953].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android