粘性流動(読み)ねんせいりゅうどう(英語表記)viscous flow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粘性流動
ねんせいりゅうどう
viscous flow

ニュートンの粘性法則に従う流れをニュートン流動または粘性流動という。流れの中の物質の構成粒子が大になると,流動は粘性法則に従わなくなり,塑性流動に移行する。真の粘性物質は自由に放置するだけで,重力や圧力差で内部にずれ応力を生じて自然に流動し,変形する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の粘性流動の言及

【レオロジー】より

…さらに,物質に加える力と時間,および変形との関係を明確に記述することだけでなく,そうした現象の起こる理由,すなわち物質の分子構造あるいは集合体としての構造と変形との関係を明らかにすることをも目的としている。
[物質の変形と流動]
 物質に力を加えたときに起こる挙動の典型的なものに弾性変形,粘性流動および塑性流動がある。弾性変形とは,力を加えるとき瞬間的に起こり,力をとり除くと完全かつ瞬間的に消失するような変形をいう。…

※「粘性流動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android