流通資本(読み)リュウツウシホン

大辞林 第三版の解説

りゅうつうしほん【流通資本】

資本の循環過程のうち、流通段階にある資本。商品資本と貨幣資本のこと。 ⇔ 生産資本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の流通資本の言及

【生産資本】より

…マルクス経済学では,生産過程(略してP)において生産要素すなわち労働力(略してA)と生産手段(略してPm)の形態をとる資本を生産資本といい,流通過程で商品(略してW)や貨幣(略してG)の形態をとる流通資本と区別する。 価値の運動体としての資本は,という範式によって示されるように,貨幣・商品・生産要素とたえずその姿をかえながら価値を増殖する。…

※「流通資本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android