コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流通資本 リュウツウシホン

デジタル大辞泉の解説

りゅうつう‐しほん〔リウツウ‐〕【流通資本】

資本の循環における貨幣資本と商品資本。これら二つの資本形態は流通過程にあるところからいわれる。→生産資本

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうつうしほん【流通資本】

資本の循環過程のうち、流通段階にある資本。商品資本と貨幣資本のこと。 ↔ 生産資本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の流通資本の言及

【生産資本】より

…マルクス経済学では,生産過程(略してP)において生産要素すなわち労働力(略してA)と生産手段(略してPm)の形態をとる資本を生産資本といい,流通過程で商品(略してW)や貨幣(略してG)の形態をとる流通資本と区別する。 価値の運動体としての資本は,という範式によって示されるように,貨幣・商品・生産要素とたえずその姿をかえながら価値を増殖する。…

※「流通資本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

流通資本の関連キーワード再生産過程商業資本恐慌信用

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流通資本の関連情報