コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅岡平兵衛 あさおか へいべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅岡平兵衛 あさおか-へいべえ

?-? 江戸時代前期の弓術家。
石堂竹林にまなび,尾張(おわり)(愛知県)清洲(きよす)城主松平忠吉につかえる。慶長11年(1606)京都の蓮華(れんげ)王院(三十三間堂)で通し矢の射技をこころみ,51本を射とおした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浅岡平兵衛の言及

【通し矢】より

…平安末期,保元の乱のころ大和国の蕪坂源太基重が弓射を試みたのが通し矢の最初というが,伝説の域を出ない。その後1606年(慶長11)正月,尾張藩士浅岡平兵衛が51本の通し矢を行ったことが記録に残っており,しだいに盛んになった。通し矢には大矢数,日矢数(小矢数),千射,百射などの種類があり,大矢数は夕方から翌日の夕方までの24時間,小矢数は日中または夜中12時間のうちに射通した矢数を競い,千射,百射はその限られた本数のうちの通し矢数を競う方法である。…

※「浅岡平兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android