コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦山渓谷 うらやまけいこく

世界大百科事典 第2版の解説

うらやまけいこく【浦山渓谷】

埼玉県西部,秩父盆地南端の秩父鉄道浦山口駅付近で荒川へ注ぐ浦山川の渓谷。合流点から上流5kmの間は,秩父古生層の硬いチャートを刻んだ急崖のV字谷と清流の作り出す自然美に恵まれ,キャンプ場や釣場もあって,訪れる人が多い。浦山アーチ型ダムから取水する浦山発電所は1920年につくられた県下最初の発電所である。浦山口駅から上流約1.2kmには多目的の浦山ダム(総貯水量5000万m3)がある。【新井 寿郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浦山渓谷の関連キーワード荒川(埼玉県、旧村名)奥秩父

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android