合流点(読み)ごうりゅうてん

精選版 日本国語大辞典の解説

ごうりゅう‐てん ガフリウ‥【合流点】

〘名〙 (「点」は場所を示す語) 二つ以上の川の流れなどが合わさって一つになる地点。合流するところ。また、比喩的に二つ以上の流れが合わさって一つになる所。
※西欧文学と日本文学(1955)〈中村真一郎〉「自らを多くの伝統の合流点とすることによって」
※ものいわぬ農民(1958)〈大牟羅良〉日本のチベット「分校は〈略〉二つの谷川の合流点に建っていて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android