コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮太 おきゅうと

1件 の用語解説(浮太の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

おきゅうと【浮太/沖独活】


福岡県博多市の郷土料理で、イギス科の海藻えごのりを煮溶かし、薄く平らに、またはこんにゃくのような板状に固めた寒天状のもの。前者は細長く、後者は薄く切って、酢みそ削り節しょうゆなどで食べる。◇「おきうと」ともいう。新潟県佐渡の「えごねり」も同様のもの。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮太の関連キーワードシロギスニギス青鱚海髪染め飯豚骨羊肉の日トラギス福岡県福岡市博多区堅粕福岡県福岡市博多区博多駅前

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浮太の関連情報