削り節(読み)ケズリブシ

デジタル大辞泉の解説

けずり‐ぶし〔けづり‐〕【削り節】

かつお節さば節などを薄く削ったもの。→おかか
[補説]JAS(日本農林規格)では、カツオ・サバ・マグロなどの荒節枯節を削ったもののほか、イワシ・アジなどの煮干しを削ったもの、また、その二つを混合したものも「削り節」と定義する。カツオのみを使った削り節には「かつお削りぶし」「かつおかれぶし削りぶし」の2種がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けずりぶし【削り節】

鰹節かつおぶしを削って薄片状にしたもの。鯖節さばぶし・鰯節いわしぶしも使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の削り節の言及

【鰹節】より

…日本特有の水産薫乾品で〈だし〉をとるのに用いるほか,削って〈ひたしもの〉などにふりかけて食べる。最近は削り節の形でパックした商品が主流になっている。
[原料と品名]
 カツオは春から秋にかけて日本の太平洋岸を北上するため,沿岸各地で製造される。…

※「削り節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

削り節の関連情報