コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)文/浮(き)紋 ウキモン

デジタル大辞泉の解説

うき‐もん【浮(き)文/浮(き)紋】

浮き織りにした文様。また、その文様のある。浮き織物。うけもん。→固文(かたもん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浮(き)文/浮(き)紋の言及

【土器】より

… 装飾は,土器がまだ軟らかい段階,生乾きの段階,よく乾燥した段階,あるいは焼成した後に加えられる。これには器表を各種の工具で,線を引いたり削ったり,またくぼめるなどする沈文と,粘土紐を付け加えた浮文,色を加えた彩文に区別できる。こうして細部まで仕上がった器は,よく乾かし,粘土の湿り気として物理的に含まれている水分を蒸発させる。…

※「浮(き)文/浮(き)紋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浮(き)文/浮(き)紋の関連キーワード清風与平(2代)書き出し時分並べてならず足羽山古墳群気を尽くすブロケード欽古堂亀祐芝ヶ原古墳法隆寺裂仕掛け者掻い遣る二倍織物仕舞ひ金珠光緞子走り夫婦正倉院裂博多織蕨手文内揚げ不勝手

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android