コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空文 くうぶん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

空文

プログラムのソースコード中に挿入された白行のこと。後からプログラムを書き加えるためか、ソースコードを見やすくするために挿入する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くう‐ぶん【空文】

実際の役に立たない文章。効力のない文書。法規などにいう。「空文化した条約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうぶん【空文】

現実とかけはなれてしまっていて、実際の役に立たない文章。特に、法律や規則の文章をいう。 「この条文は、現在ではほとんど-と化している」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空文の関連キーワード業務上堕胎及び同致死傷罪朝ソ友好協力相互援助条約朝中友好協力相互援助条約ニコライ チュコフスキーiBookstoreテキストアーカイブプロシア憲法闘争小説を読もう!訴訟上の救助伴天連追放令宣教師追放令インド統治法電子図書館ロシア革命楳本 捨三大西豊五郎ブレダ宣言木村 秀政秋永 芳郎カルデナス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空文の関連情報