浮木に会える亀(読み)うききにあえるかめ

精選版 日本国語大辞典の解説

うきき【浮木】 =に 会(あ)える[=の]亀(かめ)

きわめて得がたい機会、または、そういう機会にめぐりあうことをたとえていう。盲亀(もうき)の浮木(ふぼく)
※主殿集(11C末‐12C前か)「うかぶてふうき木のかめにあひぬればごふのつみこそ心やすけれ」
[語誌]海中から百年に一度だけ浮かび上がる盲目の亀(盲亀)は、海面に首を出した時、海上をただよう浮き木のたった一つのあなに首をちょうど入れられるかという釈尊の問い(「雑阿含経‐一五」)に基づく。「法華経‐妙荘厳王本事品」、「北本涅槃経‐二」にも喩えとして見え、日本ではこの二書により広まったと思われる。「法華経」では「盲亀」を「一眼之亀」とし、日本の典籍でも両様の表現が見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android