コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)木 ウキギ

デジタル大辞泉の解説

うき‐ぎ【浮(き)木】

《「うきき」とも》
水の上に浮かんでいる木片。
船。いかだ。
「―に乗りて河の水上を尋ね行きければ」〈今昔・一〇・四〉
マンボウ別名

ふ‐ぼく【浮木】

水に浮いている。うきぎ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

浮(き)木の関連キーワード墨・僕・卜・墨・撲・木・朴・牧・睦秋田県仙北市西木町西明寺エボシガイカワカマス中山みや子盲亀の浮木法の浮き木浮き木の亀中山三屋日本の諺銀杏浮木飯田斧木熊本県ワニ水上木片盲亀堅間斧木

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android