典籍(読み)テンセキ

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐じゃく【典籍】

〘名〙 (「じゃく」は「籍」の呉音。「でんじゃく」とも) =てんせき(典籍)
※米沢本沙石集(1283)一〇末「多聞といえるは内外典(デンシャク)を習いしり」

てん‐せき【典籍】

〘名〙 (和書・漢籍・仏典など)書物。書籍。てんじゃく。
※続日本紀‐天平宝字二年(758)八月甲子「図書寮。掌典籍、供奉内裏
※読本・春雨物語(1808)血かたびら「聰明にて、君としてためしなく、和漢の典籍にわたらせたまひ」 〔孟子‐告子・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

典籍の関連情報