海面(読み)ウミヅラ

  • うなづら
  • かいめん

デジタル大辞泉の解説

海上。うみのおもて。
「幾日も―が見えていた」〈犀星・花〉
《「つら」は傍らの意》海辺。海または湖のほとり。
「さる―に出でゐたる、ひがひがしきやうなれど」〈・若紫〉
海の表面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 海の表面。かいめん。
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)三「晃(きら)めき渡る海面(ウナヅラ)を、眺望(ながめ)て歩行(あるく)
〘名〙 海のおもて。海の表面。海上。
※漂荒紀事(1848‐50頃)一「晩に及んで、海面平に落日紅にして」 〔鮑溶‐採珠行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海面の関連情報