海面(読み)ウミヅラ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐づら【海面】

海上。うみのおもて。
「幾日も―が見えていた」〈犀星・花〉
《「つら」は傍らの意》海辺。海または湖のほとり。
「さる―に出でゐたる、ひがひがしきやうなれど」〈・若紫〉

かい‐めん【海面】

海の表面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみづら【海面】

海辺。海のほとり。 「深き山里、世離れたる-などにはひ隠れぬべし/源氏 帚木
うみのおもて。 「月澄みわたる-に波風頻りに鳴動して/謡曲・竹生島」

かいめん【海面】

海の表面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

海面の関連情報