海面(読み)ウミヅラ

  • うなづら
  • かいめん

デジタル大辞泉の解説

海上。うみのおもて。
「幾日も―が見えていた」〈犀星・花〉
《「つら」は傍らの意》海辺。海または湖のほとり。
「さる―に出でゐたる、ひがひがしきやうなれど」〈・若紫〉
海の表面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

海辺。海のほとり。 深き山里、世離れたる-などにはひ隠れぬべし/源氏 帚木
うみのおもて。 月澄みわたる-に波風頻りに鳴動して/謡曲・竹生島
海の表面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 海の表面。かいめん。
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)三「晃(きら)めき渡る海面(ウナヅラ)を、眺望(ながめ)て歩行(あるく)
〘名〙 海のおもて。海の表面。海上。
※漂荒紀事(1848‐50頃)一「晩に及んで、海面平に落日紅にして」 〔鮑溶‐採珠行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海面の関連情報