海面(読み)ウミヅラ

デジタル大辞泉「海面」の解説

うみ‐づら【海面】

海上。うみのおもて。
「幾日も―が見えていた」〈犀星・花〉
《「つら」は傍らの意》辺。海または湖のほとり。
「さる―に出でゐたる、ひがひがしきやうなれど」〈・若紫〉

かい‐めん【海面】

海の表面
[類語]海上洋上海中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「海面」の解説

うな‐づら【海面】

〘名〙 海の表面。かいめん
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)三「晃(きら)めき渡る海面(ウナヅラ)を、眺望(ながめ)て歩行(あるく)

かい‐めん【海面】

〘名〙 海のおもて。海の表面。海上。
※漂荒紀事(1848‐50頃)一「晩に及んで、海面平に落日紅にして」 〔鮑溶‐採珠行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android