コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海面 ウミヅラ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐づら【海面】

海上。うみのおもて。
「幾日も―が見えていた」〈犀星・花〉
《「つら」は傍らの意》海辺。海または湖のほとり。
「さる―に出でゐたる、ひがひがしきやうなれど」〈・若紫〉

かい‐めん【海面】

海の表面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみづら【海面】

海辺。海のほとり。 「深き山里、世離れたる-などにはひ隠れぬべし/源氏 帚木
うみのおもて。 「月澄みわたる-に波風頻りに鳴動して/謡曲・竹生島」

かいめん【海面】

海の表面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

海面の関連キーワードトゥーサンの公式マイクロ波放射計バークナー島内水面漁業水上機母艦ウルム氷期生物ポンプ離水海岸線海面更正沈水海岸縄文海進海面漁業海面変化開放水面移流霧珊瑚島波食台不凍港ノッチ上げ潮

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海面の関連情報