浮袋(読み)ウキブクロ

デジタル大辞泉「浮袋」の解説

うき‐ぶくろ【浮(き)袋/浮き×嚢】

泳ぐとき、沈まないようにからだにつける道具。ゴム・ビニールの袋に空気を満たしたもの。また、船に装備する救命具総称
(「」とも書く)硬骨魚類の辺りにある、透明な膜状内部気体の入った浮力調節などをする。ふえ。うおのふえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android