コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救命具 きゅうめいぐlifesaving equipments

4件 の用語解説(救命具の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

救命具
きゅうめいぐ
lifesaving equipments

船舶,航空機などが不慮の事故に遭遇した場合にそなえて,人命救助のために装備する器具。船舶の場合には船の規模,種類,航路,旅客定数などによって差異はあるが,船舶安全法によって,救命艇,救命筏,救命胴衣救命浮器救命浮環,救命索発射装置などの救命器具を装備しなければならないとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうめいぐ【救命具 life preserver】

人命救助に用いられる諸種の器具をいう。救命具はそもそも,水上における人命救助用器具と考えられることが多かったが,現在は航空機,高層建築の火災,鉱山のガス爆発などでも救命具が必要とされている。救命具は目的に応じて,必要な場合直ちに使用できることが要求されるので,つねに点検と整備がなされなければならない。救命具には個人用のものと集団用のものとがある。個人用救命具には,救命胴衣,救命用浮袋,航空機脱出用パラシュート,酸素吸入器などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

救命具の関連情報