浴びせ倒し(読み)あびせたおし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浴びせ倒し
あびせたおし

相撲の決まり手の一つ。四つ身になり,胸を合わせて引きつけながら寄りたて,相手がこらえて上体がそったとき,どっと自分の体を相手にのしかけるようにして (自分の足を前へ出さずに) 相手を押しつぶす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あびせ‐たおし〔‐たふし〕【浴びせ倒し】

相撲のきまり手の一。自分のからだを相手に預けて押しつぶすようにして倒す技。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あびせたおし【浴びせ倒し】

相撲の決まり手の一。土俵際で踏みこらえる相手にのしかかるようにして倒す技。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浴びせ倒しの関連情報