コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海との婚礼の祭典 うみとのこんれいのさいてん

1件 の用語解説(海との婚礼の祭典の意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

うみとのこんれいのさいてん【海との婚礼の祭典】

イタリア北東部の都市ベネチアで開催される伝統行事。古都ベネチアがアドリア海と結婚する、という祭事で、ベネチア市長が金の指輪を海に投げ入れ、「海よ。永遠の海洋支配を祈念して、ベネチアは汝と結婚せり」と誓いを述べる。仮装行列なども盛大に行われる。開催時期は5~6月。キリスト昇天祭の日の催しである。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海との婚礼の祭典の関連キーワードカンナレージョサンタマリアデイミラーコリ教会スカルツィ橋ドルソドゥーロトルチェッロ島ブラーノ島ベネチアビエンナーレムラーノ島リアルト橋リド島

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone