コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指輪 ゆびわ ring

翻訳|ring

7件 の用語解説(指輪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指輪
ゆびわ
ring

装飾,魔よけ,身分の象徴,婚約や既婚のしるし,印章の携帯などの目的で指につける輪。金属,貴金属,宝石類,宝玉,近年はプラスチックなども用いられる。形は単純な環,それに1個ないし数個の飾りをつけたもの,螺旋状のもの,2個以上組合せたものなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆび‐わ【指輪/指環】

指にはめる輪状の装身具。装飾のほかに、魔よけあるいは結婚などの契約を表す。多く貴金属で作り、宝石をはめ込んだものなど多種ある。指嵌(は)め。リング

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

指輪【ゆびわ】

装身具の一種。古代エジプトでは金や青銅,陶器などが用いられ,特にスカラベを彫ったものが護符として愛用された。また両手にたくさんはめる風習がエジプト,ローマなどでみられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

指輪

日本のポピュラー音楽。歌はJ-POPデュオ、navy&ivory。2005年発売。作詞・作曲:吾郷水木生。

指輪

東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。1995年1月~3月放映(全61回)。原作は見延典子の小説。出演:水島かおり高島礼子三浦浩一ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆびわ【指輪】

飾りとして指にはめる輪。貴金属で輪をつくり、宝石をはめこんだものもある。リング。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指輪
ゆびわ

指にはめる輪状の装身具。指環とも書き、指金(ゆびがね)、指嵌(ゆびはめ)、指巻(ゆびまき)などの語がある。英語のリング、正確にはフィンガー・リングfinger ringにあたる。フランス語では、純粋に装飾の目的でつける指輪をバーグbagueといい契約や象徴などの意味をもつ指輪をアノーanneauとよんで区別する。[平野裕子]

歴史

日本では、すでに弥生(やよい)時代に用いられた形跡があり、小巻き貝やシカの角の指輪が発掘されている。古墳時代には渡来品と思われる青銅、銀、金銅の指輪がみられる。古代になると金銀、珠玉などを指に巻いて飾る指巻を用いていた(『和名抄(わみょうしょう)』による)。以後久しい間忘れられていた指輪は、ようやく江戸時代末期になると指金(ゆびがね)と称して一部の人が使い始める。広く一般化するのは明治以降で、日清(にっしん)戦争(1894~95)の終わりごろから流行した。
 西洋の指輪の起源は古代エジプト第18王朝期とされ、すでに金、青銅、ガラス、こはくなどでつくられていた。不死を象徴するスカラベ(聖なる甲虫(かぶとむし))の印章指輪が示すように、古代の指輪は装飾としてだけではなく、印章、あるいは魔除(まよ)けとしても使用されていた。指輪の形は一般に粗大で、台座の宝石は、碧玉(へきぎょく)、真珠、めのう、水晶などであった。
 古代ギリシア・ローマでは蛇形のデザインが好まれた。ローマでは黄金の指輪が用いられたが、使用は身分によって細かく定められ、奴隷は指輪をはめることを禁じられていた。古代の指輪の用い方は、左手中指にはめる風習がエジプトにあり、中指は「指輪の指」とよばれていた。1本の指に二つ以上の指輪をはめたり、両手の数本の指に同時にはめたりすることも盛んに行われた。そしてローマ時代には親指にはめる奇風も生まれ、サム・リングthumb ringとよばれていた。
 宝石装飾の全盛期であった15、16世紀のヨーロッパには、さまざまな指輪が登場した。印章、婚約、結婚、祈祷(きとう)、喪章、まじないなどの指輪がそれで、輪の内側に詩や句を刻んだポウジイ・リングposy ring(銘入り指輪)、ロケットや小形時計を台座に取り付けたものもあった。ほぼ古代と同様、女性だけでなく男性も用いたが、中指にはめない風習が13世紀ごろにみられる。全盛期を過ぎると、徐々に控えめになり、男性はあまり用いなくなる。近世になると、それまで粗大だった指輪の形は細くスマートになり、簡潔なデザインが多くなる。宝石の研磨技術が向上し、17世紀末期、多面体(ブリリアント)カットの完成はダイヤモンド・リングの地位を揺るぎないものにし、貴石の周囲に小粒ダイヤをちりばめたデザインが現れた。19世紀から20世紀にかけては、金銀のほかにプラチナが多く用いられるようになった。一方、合成宝石や人工宝石が大量に生産されるようになり、いわゆるイミテーション・リングとして広く一般化し、今日では日常でも欠かせない装身具となっている。[平野裕子]

分類

指輪の型には、全体がほぼ同じ幅のバンド型、輪に1個の宝石や装飾をつけたソリテール型、螺旋(らせん)状に指に巻き付けるスパイラル型、二つの輪を一か所で絡ませて一組にしたツインリング型、中が空洞になった膨らみのあるパフ型(ホロー・フィンガーともいう)などがある。そのほか小形時計つきのリング・ウォッチ、腕輪と鎖でつないだリング・ブレスレットなど。
 用途によっては、次のように分類される。(1)契約、信義を示すもの ウェディング・リングまたはマリッジ・リング(結婚指輪。一般に金、プラチナ、ホワイトゴールドなどの甲丸または平打ちのバンド型で、男女とも通常左手の薬指にはめる。最近では五大宝石のいずれかの石の一文字並びや、婚約指輪とペアになったデザインも多い)。エンゲージ・リング(婚約指輪。ダイヤモンドや真珠、誕生石のソリテール型が多い。男性から女性に贈られ、左手の薬指にはめる)。エタニティ・リング(結婚記念日などに永遠の愛を誓って贈る)。そのほか国王、貴族、司祭が代々受け継いでもつ指輪など。(2)身分、階級を表すもの クラス・リングまたはスクール・リング(自分の学級や卒業年次、学校を示す指輪)。(3)魔除け チャーム・リング(神秘的な力をもつとされるものの形や宝石をつける)。(4)印章指輪 認め印や印形などを彫刻したもの シグネット・リング(紋章、印章、またはイニシャルの組合せなどが彫られ、印鑑として書類などに用いる)。シール・リング(主として手紙や包装物の封印に用いる)。(5)何かを入れて携帯するもの ポイズン・リング(毒薬を入れる仕掛けのある指輪)など。たとえば、ボルジア・リングは16世紀のイタリアの名門、ボルジア家の人々が用いたといわれ、パフリング型で、手を振ると毒が出るようなばね仕掛けになっていた。(6)その他 正装用のディナー・リング、服喪を表す黒い石のリングなどがある。[平野裕子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指輪の関連キーワード御弓の神事既婚白歯第一身分魔除けミセス身分なき共犯耳飾《悪の象徴論》《人間の形姿の象徴的意義》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

指輪の関連情報