コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海の神 ワタノカミ

デジタル大辞泉の解説

わた‐の‐かみ【海の神】

海を支配する神。海神。わたつみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わたのかみ【海の神】

うみの神。海神。わたつみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の海の神の言及

【オコゼ】より

…おそらくは後者のほうが本来の信仰であろう。紀伊半島では山の神はオオカミの姿で醜いゆえに,醜いオコゼを妻に迎えるともいい,四国山地では山の神が海竜王の娘を妻に迎えるとき,オコゼがその仲立ちをつとめたという伝承もあって,この伝承が山の神と海の神とのかかわりを説く神話の断片であるらしいことを推測させるが,明確な解説はいまだに与えられていない。西日本ではこのほかヤマオコゼという陸生巻貝を海の神が好むという伝承もあり,さらにイラガの幼虫をオコゼと呼んでいる土地もあり,これは刺された痛みが海のオコゼに類するところからきたのであろう。…

【猟師】より

…女性は猟師の活動の場である山中や海上に出かけること自体が禁じられ,舟に乗ること,武器を使用することも猟行為としてはタブーに属する。その理由は主として女性の生理から説明され,山の神・海の神が女性とされているため,神が女性を嫉妬し忌むのだとされるが,正確にはまだ十分解明されていない。狩猟またぎ【千葉 徳爾】。…

※「海の神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海の神の関連キーワードウィリアム・ホープ ホジソントリトン(ギリシア神話)大阪府大阪市住吉区住吉日南海岸国定公園モスラ(最珠羅)オデュッセイアマテル・マツタ宗像神社境内海神・綿津見メリケルテス浅海性堆積物ポルツヌスアキレウスタンガロア金刀比羅宮プロテアスわたつうみ住吉神社瀬尾光世竜宮童子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海の神の関連情報