コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海の神 ワタノカミ

2件 の用語解説(海の神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わた‐の‐かみ【海の神】

海を支配する神。海神。わたつみ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の海の神の言及

【オコゼ】より

…おそらくは後者のほうが本来の信仰であろう。紀伊半島では山の神はオオカミの姿で醜いゆえに,醜いオコゼを妻に迎えるともいい,四国山地では山の神が海竜王の娘を妻に迎えるとき,オコゼがその仲立ちをつとめたという伝承もあって,この伝承が山の神と海の神とのかかわりを説く神話の断片であるらしいことを推測させるが,明確な解説はいまだに与えられていない。西日本ではこのほかヤマオコゼという陸生巻貝を海の神が好むという伝承もあり,さらにイラガの幼虫をオコゼと呼んでいる土地もあり,これは刺された痛みが海のオコゼに類するところからきたのであろう。…

【猟師】より

…女性は猟師の活動の場である山中や海上に出かけること自体が禁じられ,舟に乗ること,武器を使用することも猟行為としてはタブーに属する。その理由は主として女性の生理から説明され,山の神・海の神が女性とされているため,神が女性を嫉妬し忌むのだとされるが,正確にはまだ十分解明されていない。狩猟またぎ【千葉 徳爾】。…

※「海の神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海の神の関連情報