海神(読み)ワタツミ

デジタル大辞泉 「海神」の意味・読み・例文・類語

わた‐つ‐み【海神】

《「つ」は「の」の意の格助詞。「わだつみ」「わたづみ」とも》
海を支配する神。海神。わたがみ。わたのかみ。
「―の持てる白玉見まく欲り千度そりしかづきする海人あまは」〈・一三〇二〉
1がいる場所の意から》海。大海。
「―の豊旗雲に入日さし今夜こよひの月夜さやけかりこそ」〈・一五〉
[類語]海洋大洋大海海原領海公海大海原青海原内海うちうみ内海ないかい外海そとうみ外海がいかい外洋沿海沿岸近海遠海遠洋絶海四海七つの海

わた‐がみ【海神】

わたつみ1」に同じ。

かい‐じん【海神】

《「かいしん」とも》海をつかさどる神。海の神。わたつみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「海神」の意味・読み・例文・類語

かい‐じん【海神】

  1. 〘 名詞 〙 海の神。海をつかさどる神。わたつみ。海人
    1. [初出の実例]「諸海神等集会ひて、此の山を築きたるよし語り侍りしかば」(出典:古事談(1212‐15頃)五)
    2. [その他の文献]〔三斉略記〕

わた‐がみ【海神】

  1. 〘 名詞 〙わたつみ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「海神」の意味・わかりやすい解説

海神 (かいじん)

海洋を支配し,魚類を統治・管理する神。神話や伝説によって知られるにすぎないものから,人々によって信仰され,儀礼の対象になっている神々まである。航海神としての性格の強い神,漁業神としてあがめられる神,双方の特色を備えた神など種々ある。海の最高神として知られるギリシアポセイドンなどは,嵐を起こしたり鎮めたり,海戦を有利に導くとされるから,漁業神としてよりも航海神,戦神としての性格が強い。イグルリク・エスキモーは海の諸動物を統治する女神セドナSednaが彼らの生存を支えてくれていると信じている。セドナが立腹すると漁獲物が極端に減少し,生存が危機にさらされる。そのようなときにはシャーマンが供え物を携えて海底の女神を訪ね,とりなすことが必要とされる。西マレーシアのケランタン州の漁民は,漁労が〈海の精霊hantu laut〉によってある程度影響されると信じている。漁獲量を増やすためには海の精霊を慰撫する儀礼を行わなければならない。その最も重要なものは,船と網への儀礼であり,精霊の協力を得るため食物その他を供えることである。

日本でも海神への信仰習俗は航海者や漁民の間に広く見られる。日本の海神信仰の要素は複雑であり,単純な整理を許さない。海底には綿津見(わたつみ)の神の宮殿があり,この神は海の支配者であるとともに,魚族の支配者でもあるという観念はきわめて古くから存在した(《古事記》など)。〈えびす恵比須)〉を海から寄り来る神霊として,海幸を招来するものとする信仰は各地にあり,海難者の死体や海中から引き上げた石や寄り物を〈えびす〉と呼んで丁重に扱う習俗も広く分布する。香川県金刀比羅宮の金毘羅大権現や山形県善宝寺の竜神などは航海安全の神として航海者の信仰を集めている。また媽祖(まそ)(天妃)信仰や船霊(ふなだま)信仰は,各地の漁民の間で行われている。船幽霊や海坊主は海の精霊であり,さらに各地の〈カゼ()〉も半ば精霊とみなされている。
執筆者: 一般には水神の表徴である蛇信仰が中国の竜信仰と結びついた竜神の同意語として,竜宮・竜王などと呼ぶ場合が多い。海神を祭る神社の主要なものとして,宗像(むなかた)大社,住吉神社,大山祇(おおやまづみ)神社,金毘羅社などが全国的に勧請流布している。海神祭は神霊を奉安した御輿を海中渡御(とぎよ)するものをはじめ,御旅所神幸や競漕するものなどが見られる。沖縄本島北部の村々では,海神を迎える海神(うんじやみ)祭が盛んで,海神と山神との交遊する日の祭りという。付随して爬竜ハーリー)と呼ぶ舟漕ぎ競争が催される。ハーリーは中国から伝来したといわれ,長崎ペーロンも同系統のものと思われる。海民の海上での禁忌は厳しく,沖言葉という忌詞(いみことば)がある。なかでも蛇,猿という言葉を忌むのが特徴で,蛇は海神の表象だからであろう。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

普及版 字通 「海神」の読み・字形・画数・意味

【海神】かいじん

海の神。〔史記、秦始皇紀〕始皇、と戰ふ。人のの如し。占に問ふ。士曰く、~此の惡り。當(まさ)に除去すべし。而(すなは)ち善致すべしと。

字通「海」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「海神」の意味・わかりやすい解説

海神
わたつみ

海(わた)ツ霊(み)とも書き、海に住む神霊を表す。中国の「海若」から海童、少童ともいい、「わた(海)」は朝鮮語Pataと同源とされて海洋的他界もさす。記紀神話の海幸(うみさち)・山幸(やまさち)神話は、本来海洋的他界よりその呪力(じゅりょく)を与えられる神話であり、海神はこの他界を支配し、風波干満、雨水をつかさどる神とされている。しかし海神国も、水江浦島子(みずのえうらしまこ)の伝承では常世(とこよ)(万葉集)、蓬莱山(ほうらいのやま)(雄略(ゆうりゃく)紀)とよばれ、神仙思想を受けて変容する。なお海神には、安曇(あずみ)氏の海神(わたつみ)三神、宗像(むなかた)三神、住吉(すみよし)の三神がある。

[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android