海神(読み)わたつみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「海神」の解説

海神
わたつみ

海(わた)ツ霊(み)とも書き、海に住む神霊を表す。中国の「海若」から海童、少童ともいい、「わた(海)」は朝鮮語Pataと同源とされて海洋的他界もさす。記紀神話の海幸(うみさち)・山幸(やまさち)神話は、本来海洋的他界よりその呪力(じゅりょく)を与えられる神話であり、海神はこの他界を支配し、風波、干満、雨水をつかさどる神とされている。しかし海神国も、水江浦島子(みずのえうらしまこ)の伝承では常世(とこよ)(万葉集)、蓬莱山(ほうらいのやま)(雄略(ゆうりゃく)紀)とよばれ、神仙思想を受けて変容する。なお海神には、安曇(あずみ)氏の海神(わたつみ)三神、宗像(むなかた)三神、住吉(すみよし)の三神がある。

[吉井 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「海神」の解説

わた‐つ‐み【海神】

《「つ」は「の」の意の格助詞。「わだつみ」「わたづみ」とも》
海を支配する神。海神。わたがみ。わたのかみ。
「―の持てる白玉見まく欲り千度そりしかづきする海人あまは」〈・一三〇二〉
1がいる場所の意から》海。大海
「―の豊旗雲に入日さし今夜こよひの月夜さやけかりこそ」〈・一五〉
[類語]海洋大洋大海海原領海公海大海原青海原内海うちうみ内海ないかい外海そとうみ外海がいかい外洋沿海沿岸近海遠海遠洋絶海四海七つの海

かい‐じん【海神】

《「かいしん」とも》海をつかさどる神。海の神。わたつみ。

わた‐がみ【海神】

わたつみ1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「海神」の解説

かい‐じん【海神】

〙 海の神。海をつかさどる神。わたつみ。海人。
古事談(1212‐15頃)五「諸海神等集会ひて、此の山を築きたるよし語り侍りしかば」 〔三斉略記〕

わた‐がみ【海神】

〘名〙 =わたつみ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「海神」の解説

かいじん【海神】

海洋を支配し,魚類統治・管理する神。神話や伝説によって知られるにすぎないものから,人々によって信仰され,儀礼の対象になっている神々まである。航海神としての性格の強い神,漁業神としてあがめられる神,双方特色を備えた神など種々ある。海の最高神として知られるギリシアポセイドンなどは,を起こしたり鎮めたり,海戦を有利に導くとされるから,漁業神としてよりも航海神,戦神としての性格が強い。イグルリク・エスキモーは海の諸動物を統治する女神セドナSednaが彼らの生存を支えてくれていると信じている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「海神」の解説

【海神】かいじん

海の神。〔史記、秦始皇紀〕始皇、と戰ふ。人のの如し。に問ふ。士曰く、~此の惡り。當(まさ)に除去すべし。而(すなは)ち善致すべしと。

字通「海」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android