コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上権力史論 かいじょうけんりょくしろんThe Influence of Sea Power upon History, 1660-1783

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海上権力史論
かいじょうけんりょくしろん
The Influence of Sea Power upon History, 1660-1783

アメリカの海軍戦略家 A.マハン提督の主著の1冊。 1660~1783年にかけて海洋 (軍) 力 sea powerが歴史的に果した役割や,戦術,戦略を分析したもので,1890年にボストンで出版。日本をはじめ諸国海軍に大きな影響を与えた。特にドイツ皇帝ウィルヘルム 2世が読んで深い感銘を受け,第1次世界大戦前のイギリス,ドイツの建艦競争の要因となった。明治期には sea powerを海上権力と訳したが,sea powerは「国家が海を利用する能力」ともいうべきもので,『海上権力史論』とは「海洋 (軍) 力の歴史に及ぼした影響」の意である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

海上権力史論の関連キーワードA.T. マハンシーパワー地政学制海権軍事学海軍力

海上権力史論の関連情報