コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海人の苅藻 あまのかるも

1件 の用語解説(海人の苅藻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海人の苅藻
あまのかるも

鎌倉時代前期の物語。作者未詳。4巻。建仁2 (1202) 年以前につくられたが,現存本は文永8 (71) 年以後の改作。兵部卿宮の遺児大納言藤壺女御を見そめ,契りを結び若君が生れるが,のち会うときがなく思い悩み出家,往生するという悲恋遁世談を中心に,約9年間の宮廷貴族生活を年代記風に叙した擬古物語

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海人の苅藻の関連キーワード擬古物語鳴門中将物語夜の寝覚秋夜長物語恨之介風につれなき物語きのふはけふの物語曽我物語『伊勢物語』作者未詳歌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone