コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海人の苅藻 あまのかるも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海人の苅藻
あまのかるも

鎌倉時代前期の物語。作者未詳。4巻。建仁2 (1202) 年以前につくられたが,現存本は文永8 (71) 年以後の改作。兵部卿宮の遺児大納言が藤壺女御を見そめ,契りを結び若君が生れるが,のち会うときがなく思い悩み出家,往生するという悲恋遁世談を中心に,約9年間の宮廷貴族生活を年代記風に叙した擬古物語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android