コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改作 カイサク

デジタル大辞泉の解説

かい‐さく【改作】

[名](スル)作りかえること。特に、文学作品に修正を加え、新しいものに作りなおすこと。また、その作品。「若いころの脚本を改作する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいさく【改作】

( 名 ) スル
すでにできている作品に手を加え、作り直すこと。また、その作品。 「処女作を-する」
休耕していた農地を再び耕すこと。 〔日葡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

改作

原著作では意図されていなかった形式,あるいは原作者が意図していなかった読者層のために原著作を変形すること.例えば,小説の戯曲化,劇映画の小説化,音楽作品の編曲,成人向け著作の児童向けへの書き直しなどである.「著作権法」の「改変」に相当する.改作者は,『日本目録規則1987年版改訂3版』では,著者と同じく主な著作関与者として扱われている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

改作の関連情報