コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建仁 ケンニン

大辞林 第三版の解説

けんにん【建仁】

年号(1201.2.13~1204.2.20)。正治の後、元久の前。土御門つちみかど天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんにん【建仁】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1201年から1204年まで、土御門(つちみかど)天皇の代の元号。前元号は正治(しょうじ)。次元号は元久(げんきゅう)。1201年(正治3)2月13日改元。1201年は天命が改まる年とされる辛酉(しんゆう)にあたることから、辛酉革命(かくめい)を理由として行われた(革年改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。この時期、朝廷では後鳥羽(ごとば)上皇による院政が行われていた。建仁年間の鎌倉幕府の将軍は、源頼家(よりいえ)(2代)、源実朝(さねとも)(3代)。執権は北条時政(ときまさ)(初代)。1202年(建仁2)に源頼家が第2代将軍に就任したが、まもなく北条氏により将軍の地位を剥奪されて修善寺に幽閉の身となり、1204年(元久1)に暗殺された。この事件により、北条氏は鎌倉幕府の実権を握ることになった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

建仁の関連キーワード京都府京都市東山区小松町藤原季房(1)式子内親王集千五百番歌合二階堂行義古来風体抄定慶(1)少納言典侍南堂良偕無外承広宅磨俊賀無功周功温中清瑜河清祖瀏阿野全成藤原親季北条時政石門慈韶新田義重海北友松

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建仁の関連情報