コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底流床 かいていりゅうしょうdeep-sea channel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底流床
かいていりゅうしょう
deep-sea channel

海底扇状地において,タービダイトが流れることによって生じる川底のような流路の跡。現在,海底流床が存在する所は,アマゾン川ミシシッピ川,ガンジス・プラマプトラ川,インダス川オリノコ川などである。世界最大の海底流床は,ガンジス・プラマプトラ川から流れ込むベンガル湾のもので,バングラデシュの海岸から東に 150km離れた所で,幅 3km,深さ 100mの流床が見つかっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android