コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流路 リュウロ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ろ〔リウ‐〕【流路】

水などが流れる道すじ。「黒潮の流路」「流路変更工事」
物事が変化する経緯。「連歌から俳諧への―には幾多の複雑な曲折があったやうである」〈寅彦俳諧の本質的概論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

流路

大規模に洗い流された地形で,断面が数mの長さで1m程度の深さに削剥されたものも見られ,平面的には直線的,蛇行枝分れなどがある[Williams : 1881, Dzulynski & Walton : 1965].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうろ【流路】

川の水や潮流などの、流れる道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

流路の関連キーワード連続の法則(流体力学)ゴウジ・チャネルバランスタンクチン(荊)江圧損失の式スロットル桃生[町]三方コック秋田平野チャネル冲積作用逃がし弁古利根川動脈解離自然堤防三日月湖後背湿地適従河流コック雨竜川

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流路の関連情報