流路(読み)リュウロ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ろ〔リウ‐〕【流路】

水などが流れる道すじ。「黒潮の流路」「流路変更工事」
物事が変化する経緯。「連歌から俳諧への―には幾多の複雑な曲折があったやうである」〈寅彦俳諧の本質的概論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

流路

大規模に洗い流された地形で,断面が数mの長さで1m程度の深さに削剥されたものも見られ,平面的には直線的,蛇行枝分れなどがある[Williams : 1881, Dzulynski & Walton : 1965].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅう‐ろ リウ‥【流路】

〘名〙 水の流れるみち。また、比喩的に、物事が変化する際のその経緯。
※俳諧の本質的概論(1932)〈寺田寅彦〉「連歌から俳諧への流路には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流路の関連情報