コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋バイオテクノロジー かいようバイオテクノロジー

百科事典マイペディアの解説

海洋バイオテクノロジー【かいようバイオテクノロジー】

海洋資源を対象にしたバイオテクノロジー。主な研究テーマには,食糧としての魚介類,海藻類の品種改良,海藻類のエネルギー源としての利用,海洋生物による有用物質の生産などがある。日本では1988年,通産省工業技術院のプロジェクトとして〈高機能化学製品等製造法(海洋生物活用)の研究開発〉がスタート。民間24社の共同出資で設立された海洋バイオテクノロジー研究所を中心に,工業的利用を目的とした研究が行われている。このほか,通産省通商産業検査所のバイオテクノロジー検査センターが,海洋生物も含めた有用微生物のDNA解析を行っており,科学技術庁の海洋科学技術センターは,深海生物の利用を目的とした〈深海環境研究計画〉を進めている。→海洋開発

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

海洋バイオテクノロジーの関連キーワード蒼玄丸

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android