共同出資(読み)キョウドウシュッシ

デジタル大辞泉の解説

きょうどう‐しゅっし【共同出資】

複数の個人が共同の事業に資金を出すこと。
複数の企業が共同の事業に資金を出すこと。このようにして設立された会社を共同出資会社という。→合弁会社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうどうしゅっし【共同出資】

複数の人が企業設立のため出資すること。
複数の企業が高度の業務提携を目的として、共同で資金を出すこと。このようにして設立された企業を共同出資会社といい、国際的な共同出資によるものを特に合弁会社という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうどう‐しゅっし【共同出資】

〘名〙 複数の個人または企業が共同の事業に資金を出すこと。あるいは、協同組合に資金を出すこと。
※滑稽界‐明治四一年(1908)四月号・滑稽雑誌の凋落「共同出資で同新聞を発行したにも不拘(かかわらず)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共同出資の関連情報