コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同出資 キョウドウシュッシ

デジタル大辞泉の解説

きょうどう‐しゅっし【共同出資】

複数の個人が共同の事業に資金を出すこと。
複数の企業が共同の事業に資金を出すこと。このようにして設立された会社を共同出資会社という。→合弁会社

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうどうしゅっし【共同出資】

複数の人が企業設立のため出資すること。
複数の企業が高度の業務提携を目的として、共同で資金を出すこと。このようにして設立された企業を共同出資会社といい、国際的な共同出資によるものを特に合弁会社という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

共同出資の関連キーワードAdvanced RISC Machine社デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム地球規模海洋生態系変動研究計画グローバルヘルス技術振興基金新キャタピラー三菱[株]オリエンタルランド[株]Vマークバリュープラス三井石油化学工業[株]ヨーロッパ衛星通信会議ワーカーズコレクティブ富士総合研究所[株]三菱総合研究所[株]オランダ東インド会社松下電子工業[株]日本テレマティークアイシン精機[株]ゼネラルパートナー共同債権買取機構日本軽金属[株]オリックス[株]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共同出資の関連情報