コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同出資 キョウドウシュッシ

デジタル大辞泉の解説

きょうどう‐しゅっし【共同出資】

複数の個人が共同の事業に資金を出すこと。
複数の企業が共同の事業に資金を出すこと。このようにして設立された会社を共同出資会社という。→合弁会社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうどうしゅっし【共同出資】

複数の人が企業設立のため出資すること。
複数の企業が高度の業務提携を目的として、共同で資金を出すこと。このようにして設立された企業を共同出資会社といい、国際的な共同出資によるものを特に合弁会社という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

共同出資の関連キーワードAdvanced RISC Machine社デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム地球規模海洋生態系変動研究計画グローバルヘルス技術振興基金オリエンタルランド[株]新キャタピラー三菱[株]Vマークバリュープラスヨーロッパ衛星通信会議ワーカーズコレクティブ三井石油化学工業[株]富士総合研究所[株]三菱総合研究所[株]オランダ東インド会社松下電子工業[株]日本テレマティークアイシン精機[株]ゼネラルパートナー日本ゼオン[株]日本軽金属[株]オリックス[株]

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共同出資の関連情報