海老屋清兵衛(読み)えびや せいべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海老屋清兵衛 えびや-せいべえ

?-? 江戸時代中期の陶工。
享保(きょうほう)(1716-36)のころ京都産寧(さんねん)坂に窯をひらき,茶道具をやく。清水(きよみず)焼のはじめという。初代清水(きよみず)六兵衛,奥田穎川(えいせん)の師。通称は海老清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android