コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろくべえ ロクベエ

2件 の用語解説(ろくべえの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろくべえ〔ロクベヱ〕

江戸時代、飢饉のときに六兵衛という人が考案したという》サツマイモを原料とする麺。長崎県の郷土料理作り方対馬島原など地域によって異なる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ろくべえ【六兵衛】


長崎県の島原半島や対馬(つしま)の郷土料理で、さつまいもを原料にした生地を六兵衛突きとよばれる器具の穴から押し出して作った麺。これをゆでてしょうゆなどで調味しただし汁をかけて食べる。島原半島では、さつまいもの粉をぬるま湯で練ったものを用いる。対馬には、さつまいもを砕いて水にさらしてざるでこし、こした液に沈殿したでんぷんと、ざるに残ったいもを干して自然発酵させたものを混ぜてだんご状にして乾燥したせんだんごとよばれる保存食がある。対馬のろくべえは、これを水でもどして練ったものを用いる。対馬では「ろくべえ」と仮名で書く。

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ろくべえの関連情報