コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろくべえ ロクベエ

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ろくべえ【六兵衛】


長崎県の島原半島や対馬(つしま)の郷土料理で、さつまいもを原料にした生地を六兵衛突きとよばれる器具の穴から押し出して作った麺。これをゆでてしょうゆなどで調味しただし汁をかけて食べる。島原半島では、さつまいもの粉をぬるま湯で練ったものを用いる。対馬には、さつまいもを砕いて水にさらしてざるでこし、こした液に沈殿したでんぷんと、ざるに残ったいもを干して自然発酵させたものを混ぜてだんご状にして乾燥したせんだんごとよばれる保存食がある。対馬のろくべえは、これを水でもどして練ったものを用いる。対馬では「ろくべえ」と仮名で書く。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

ろくべえの関連キーワード清水六兵衛(2代)清水六兵衛(三代)清水六兵衛(7代)清水六兵衛(4代)清水六兵衛(3代)高尾(榊原高尾)高尾(水谷高尾)こんにゃく問答尾崎次郎右衛門国佐(初代)ふくまつ進紗戎屋吉郎兵衛海老屋清兵衛鈴木源之丞浅見五郎介清水七兵衛黄華庵升六蘆沢与兵衛泉花堂三蝶亀玉堂亀玉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ろくべえの関連情報