海駅(読み)かいえき

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐えき【海駅】

〘名〙 海辺の宿駅。
※田氏家集(892頃)下・菅讚州重答拙詩、頻敍花鳥逢春之意。〈略〉交馳尺題「梅霖兎月纔盈魄、海駅魚書再到門」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海駅の関連情報