田氏家集(読み)でんしかしゅう

百科事典マイペディア「田氏家集」の解説

田氏家集【でんしかしゅう】

平安前期の漢集。作者島田忠臣〔828-891?〕。891年頃成立。上巻69首,中巻60首,下巻86首の全3巻。忠臣は平安前期の学者で,医に通じる一方,また文才にもすぐれていた。都良香(みやこよしか)の《都氏文集》と並んで,日本の個人漢詩集では最古のものの一つ。詩には白居易皇甫冉,李嘉祐,劉長卿などをはじめとする唐詩の影響が強い。漢詩作法の手ほどきをした菅原道真の作品などにも既にその影響が見られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android