田氏家集(読み)でんしかしゅう

百科事典マイペディア 「田氏家集」の意味・わかりやすい解説

田氏家集【でんしかしゅう】

平安前期の漢詩集。作者島田忠臣〔828-891?〕。891年頃成立。上巻69首,中巻60首,下巻86首の全3巻。忠臣は平安前期の学者で,医に通じる一方,また文才にもすぐれていた。都良香(みやこよしか)の《都氏文集》と並んで,日本の個人漢詩集では最古のものの一つ。詩には白居易皇甫冉,李嘉祐,劉長卿などをはじめとする唐詩の影響が強い。漢詩作法の手ほどきをした菅原道真の作品などにも既にその影響が見られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android