コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海龍

2件 の用語解説(海龍の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海龍

世界初の有翼潜水艇でもある水中特攻兵器。真珠湾攻撃(1941年)に加わった特殊潜航艇「甲標的甲型」や人間魚雷「回天(かいてん)」などとともに、旧海軍が開発した。呉海軍工廠(こうしょう)で潜航実験があり、44年夏に試作1号艇が完成。本土決戦に備えて45年4月に緊急量産が発令され、横須賀海軍工廠と工作学校を中心に、終戦まで約230隻が建造された。全長18メートル前後、直径1・3メートル、排水量約19・5トン。水中速力は約10ノットで乗員2人。後期量産型は艇首に600キロの炸薬(さくやく=信管の作動で爆発させる火薬)を搭載し、敵艦隊に突撃する予定だった。

(2010-11-05 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

海龍(ドラゴンボート)

京浜フェリーボート株式会社が運航する横浜港のクルーズ船。船には金色の龍の像があしらわれ、船内では本格的な中華料理が楽しめる。定員55名。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海龍の関連情報