コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海竜王 カイリュウオウ

大辞林 第三版の解説

かいりゅうおう【海竜王】

海中に住む竜神。海・雨の支配者。竜王。竜神。海竜神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の海竜王の言及

【竜宮】より

…仏教においても,大海の底に娑竭羅(しやから)竜王の宮殿があって,縦広8万由旬(ゆうじゆん)(1由旬は帝王1日の行軍里程)もあり,七重の宮牆(きゆうしよう),欄楣(らんび)などはみな七宝をもって飾られているとか(《長阿含経》巻19),あるいは海上に白銀,瑠璃,黄金の諸竜宮があって,毒蛇大竜がこれを守護しており,竜王がここに住み珍宝が多いなどといわれている(《賢愚因縁経》)。中国においても竜宮の観念は発達しており,前蜀の杜光庭の《録異記》巻五によれば,海竜王の宮は蘇州の東にあり,海を行くこと五・六日程の小島の前にあり,広さ百余里であって,夜中に遠くから見ると,紅光日のごときが六百余里にわたってひろがり,しかも上は天に連なっている。船人の伝承によれば,竜王宮はその下にあるという。…

※「海竜王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

海竜王の関連キーワード竜王院尭忍奈良(市)えいえい玉虫厨子隅寺心経竜王信仰金屋子神海竜王寺曇無讖海竜神創竜伝道鏡叡尊如円講堂玄昉覚真海中斎娘定舜

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android