コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海竜王 カイリュウオウ

2件 の用語解説(海竜王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐りゅうおう〔‐リユウワウ〕【海竜王】

海中にすむという竜王。竜神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいりゅうおう【海竜王】

海中に住む竜神。海・雨の支配者。竜王。竜神。海竜神。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の海竜王の言及

【竜宮】より

…仏教においても,大海の底に娑竭羅(しやから)竜王の宮殿があって,縦広8万由旬(ゆうじゆん)(1由旬は帝王1日の行軍里程)もあり,七重の宮牆(きゆうしよう),欄楣(らんび)などはみな七宝をもって飾られているとか(《長阿含経》巻19),あるいは海上に白銀,瑠璃,黄金の諸竜宮があって,毒蛇大竜がこれを守護しており,竜王がここに住み珍宝が多いなどといわれている(《賢愚因縁経》)。中国においても竜宮の観念は発達しており,前蜀の杜光庭の《録異記》巻五によれば,海竜王の宮は蘇州の東にあり,海を行くこと五・六日程の小島の前にあり,広さ百余里であって,夜中に遠くから見ると,紅光日のごときが六百余里にわたってひろがり,しかも上は天に連なっている。船人の伝承によれば,竜王宮はその下にあるという。…

※「海竜王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海竜王の関連キーワード水府八大竜王海中鮫人三足の烏シニスム難陀竜王ユマニスム沙伽羅竜王竜神大吊橋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海竜王の関連情報