コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浸透性殺虫剤 しんとうせいさっちゅうざいsystemic insecticide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浸透性殺虫剤
しんとうせいさっちゅうざい
systemic insecticide

薬剤を植物の茎葉に施用したり,土壌中に注入すると,その薬剤が植物体内に浸透し,全身に移行して,その植物全体が殺虫力をもつようになる殺虫剤。シュラーダン,ジメトンなどの有機リン殺虫剤は浸透性殺虫剤として普通の有機リン殺虫剤と区別している。現在の浸透性殺虫剤には哺乳動物に対する毒性の強いものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

浸透性殺虫剤の関連キーワードカエデすす病モモ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android