液体ホーニング(読み)えきたいホーニング(英語表記)wet blasting; liquid honing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液体ホーニング
えきたいホーニング
wet blasting; liquid honing

細かい砥粒と水の混合液 (防錆剤を含むことがある) をノズルから高速で噴射して工作物の表面を仕上げる加工法で,液体ホーニング盤と呼ばれる機械を用いる。この加工法は表面を一様な微細凹凸状態 (梨地面という) にすることを目的とし,加工された表面は硬化して疲れ強さや耐摩耗性が向上する。複雑な形状の物体にも容易に適用されるので,メッキや塗装面の下地仕上げ,錆取り,鋳物表面の清掃などに利用され,工業製品のみでなく,美術工芸品にも広く応用されている。 (→ショットブラスト )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android