防錆剤

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうせいざい【防錆剤 corrosion inhibitor】

インヒビターともいう。金属材料のさび(錆)発生を抑制する性質をもった薬剤。さびを伴わない腐食の抑制も含めて腐食抑制剤ともいうが,腐食抑制剤には防食の目的で使われる環境処理用薬剤を含めた広い意味もある。鉄鋼製品の運搬や貯蔵のため一時的に使用される防錆剤にはダイカンDICHAN(ジシクロヘキシルアンモニウムナイトライトの略称)が代表的であり,包装紙の表面にこの薬剤を塗布した防錆紙が広く使われる。ただしこの防錆紙は鉄鋼以外には効果がない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android