コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液冷式機関(読み)エキレイシキキカン

大辞林 第三版の解説

えきれいしききかん【液冷式機関】

液体を用いて冷却を行うエンジン(内燃機関)。水を用いる水冷式が最も多いが、航空機用などには沸点の高いエチレングリコールを用いるものもある。液冷エンジン。液冷式発動機。 ⇔ 空冷式機関

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる