コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液浸対物レンズ エキシンタイブツレンズ

デジタル大辞泉の解説

えきしん‐たいぶつレンズ【液浸対物レンズ】

顕微鏡の対物レンズで、試料とレンズとの間を、レンズとほぼ屈折率の等しい液体で満たして用いるもの。開口数が増し、解像力を上げることができる。→液浸法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

液浸対物レンズの関連キーワード顕微鏡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android