コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液浸法 えきしんほう immersion method

3件 の用語解説(液浸法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液浸法
えきしんほう
immersion method

(1) 顕微鏡分解能を大きくする方法。対物レンズと物体との間に,屈折率がレンズの屈折率に近い値をもつ液 (普通はセダー油) を満たせばよい。 (2) 結晶体の屈折率の測定法の1つ。屈折率の違ういくつかの液を備えておいて,ガラス板上でこの液に浸した試料を顕微鏡で見る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えきしん‐ほう〔‐ハフ〕【液浸法】

顕微鏡で、試料とレンズとの間をレンズとほぼ屈折率が等しい液体で満たすこと。このための対物レンズを液浸対物レンズといい、開口数を増して、解像力を上げることができる。ふつうシーダー油が使われることが多いため、油浸法ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えきしんほう【液浸法 immersion method】

(1)顕微鏡の分解能,すなわち顕微鏡で分解できる標本の最小距離を小さくするため,対物レンズと観察しようとする標本との間の空間を液体で満たすこと。分解能は対物レンズの開口数に逆比例し,また開口数は上で述べた空間の屈折率nに比例するので,ふつうの使用状態の空気(n=1)の代りに液体(n>1)を満たすと,そのぶんだけ分解能が小さくできる。液体としてはふつうセダー油(n=1.6)が用いられ,とくに液浸法用に設計された対物レンズと組み合わせると,波長0.5μmの可視光を使って0.25μm程度までの分解能が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

液浸法の関連キーワード暗視野顕微鏡限外顕微鏡顕微鏡写真光学顕微鏡回折限界鉱物顕微鏡赤外線顕微鏡蛍光顕微鏡法走査電子顕微鏡冷凍顕微鏡

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone