コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涿 たくZhuō

世界大百科事典 第2版の解説

たく【涿 Zhuō】

中国の河北省中部の都市。拒馬河の南にあり,京広鉄道(北京広州)が通過する。古くから燕国の要地として知られ,漢代には涿県をおいて涿郡の中心とした。のち郡名を范陽と改めて代に至った。ちなみに隋の涿郡は今日の北京を中心とした地域である。唐代から范陽が県名となり,ここを中心として涿州がおかれた。五代の後晋のとき,いわゆる燕雲十六州の一つとして遼国の領内に入り,引き続き金国の領土となって元代に及んだ。明代になって范陽県の名を廃して涿州といい,中華民国以後は涿県として省に直属し今日に及んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

涿の関連キーワード趙匡胤劉備黄帝賈島太祖関羽張飛衛河蚩尤

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android