蜀漢(読み)しょくかん(英語表記)Shu-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜀漢
しょくかん
Shu-han

中国,三国時代三国の一つ。正式の国号は。黄初1 (220) 年曹丕 (そうひ) が後漢の献帝の譲りを受けて魏朝を建てると, (四川省) に拠っていた劉備は前漢の景帝子孫と称し,みずから漢の皇帝正統を継ぐとして章武1 (221) 年漢の皇帝のについた。劉備の死後,丞相諸葛亮は後主劉禅を助けて国政の運営に努力した。諸葛亮の陣没後,暗愚な劉禅のもとで国力が傾き,炎興1 (263) 年司馬昭の率いる魏軍のため滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

蜀漢
しょくかん

221〜263
三国時代の一国
劉備 (りゆうび) が諸葛亮 (しよかつりよう) の計により四川 (しせん) にはいって勢力をたくわえ,成都を都とし,魏 (ぎ) ・ (ご) と天下を3分した。のち魏と戦って敗れ,子の劉禅 (りゆうぜん) のとき滅亡

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の蜀漢の言及

【蜀】より

…221‐263年。正式の国号は漢であるが,蜀すなわち四川省を中心版図とするので,普通に蜀漢とよんで他の漢国と区別する。前漢景帝の末裔と自称する涿郡(たくぐん)(河北省)出身の劉備は,後漢末黄巾の乱につづく群雄割拠の中で各地に転戦したのち,三顧の礼をもって諸葛孔明(しよかつこうめい)を幕下に迎え,その献策に従って208年(建安13),呉の孫権と同盟し,南下する曹操を赤壁に破って荆州(湖北,湖南)を確保し(赤壁の戦),天下三分の計の実現に着手する。…

※「蜀漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報