コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉備 りゅうび Liu Bei; Liu Pei

6件 の用語解説(劉備の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉備
りゅうび
Liu Bei; Liu Pei

[生]延熹4(161)
[没]章武3(223).4.
中国,三国時代蜀漢の先主 (在位 221~223) 。たく郡 (河北省) の人。字は玄徳。諡は昭烈帝。前漢景帝の子,中山靖王勝の子孫と称した。若いときから豪侠と交わり,関羽張飛とはこの頃から結ばれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐び〔リウ‐〕【劉備】

[161~223]中国、三国時代蜀漢(しょっかん)の初代皇帝。在位221~223。字(あざな)は玄徳。諡(おくりな)は昭烈皇帝。前漢景帝の後裔という。関羽張飛らの豪傑と、軍師諸葛亮を従え、曹操孫権と覇権を争った。孫権と結んで曹操を破った赤壁の戦いは有名。221年、成都みずから帝位に就き、国号を漢と称したが勢威振るわず、陣没した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

劉備【りゅうび】

中国,三国時代の英雄。(しよく)の建国者。字は玄徳,河北省【たく】県の人。漢の景帝の子中山靖王劉勝の子孫と称した。関羽,張飛を得て,後漢末の黄巾(こうきん)の乱討伐に参加。
→関連項目張飛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうび【劉備 Liú Bèi】

161‐223
中国,三国時代の蜀漢()の創建者。字は玄徳。満城漢墓で知られる前漢の中山王劉勝の子孫と称するが定かでない。涿(たく)郡涿県(河北省涿県)の地方官の家に生まれ,早く父を失い貧賤の中に育ったが,性任俠で度量ひろく,無頼の若者たちの間で頭角を現した。黄巾(こうきん)の乱が起こると,仲間の関羽張飛らを中核に部隊を作って官軍に加わり,これを契機に各地の軍閥のもとを転々として地位を高め,徐州牧に推された。やがて曹操の勢力下に入って予州牧を与えられたが,後漢朝廷の曹操暗殺計画に関わって逃亡,河北の袁紹ついで荆州の劉表のもとに身を寄せた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうび【劉備】

161~223) 中国、三国の蜀漢しよつかんの初代皇帝(在位221~223)。字あざなは玄徳、諡おくりなは昭烈皇帝、河北の人。前漢景帝の子孫。関羽・張飛らとともに黄巾の乱鎮圧に尽力。諸葛亮しよかつりようの天下三分の計により、呉の孫権と結んで魏の曹操を赤壁で破り、蜀を平定。221年成都で帝位につき国号を漢と号し、呉・魏と天下を争った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉備
りゅうび
(161―223)

中国、三国蜀(しょく)の王(在位221~223)。(たく)郡(河北省)の人。字(あざな)は玄徳(げんとく)。諡号(しごう)は昭烈帝。前漢景帝の子、中山(ちゅうざん)王劉勝の後と称する。耳が大きく、また手を垂れると膝(ひざ)の下にまで達したという。父に早く死なれ、母と蓆(むしろ)を織って生計をたてていたという。184年、黄巾(こうきん)の乱が起こると、同郷の張飛(ちょうひ)に亡命していた関羽(かんう)らと立ち上がったが、最初は直接支配する領土をもたず、各地の豪族(公孫(さん)、陶謙(とうけん)、曹操(そうそう)、袁紹(えんしょう))などの間を転々とするありさまであった。曹操の下にあったとき、操が「天下の英雄は君と僕」といったとき、おりから雷が鳴り、備は箸(はし)を落としたという逸話がある。
 彼が最後に頼ったのは荊(けい)州の劉表であった。劉表の下にあって比較的平穏な生活を送り、髀肉(ひにく)の嘆をかこつ一面、諸葛亮(しょかつりょう)(ほうとう)といった優れた人材を招くことに成功した。とくに諸葛亮には三顧の礼をもって迎え、「自分に孔明のあるのは、魚の水あるが如(ごと)し」といい、君臣水魚の交わりを結んだ。以後亮は劉備の謀臣として、あるいは外交官として活躍をする。
 208年、孫権と同盟して、南下してきた曹操を赤壁(せきへき)の戦いで破り、天下三分の基礎を築いた。戦後荊州を呉と両分し、孫権の妹を皇后に迎えるなど、密接な関係が続いたが、やがて益州(四川(しせん))の領有をめぐって対立していった。備は211年、益州牧劉璋(りゅうしょう)の招きによって蜀の地に入り、成都を攻略して益州を領有した。孫権は曹操と結んで、荊州に残っていた関羽を殺して荊州を占領し、天下は三分された。
 219年漢中王となり、221年、後漢(ごかん)滅亡の知らせを得て成都で即位し、国号を漢(蜀漢)と称し、年号を章武と定めた。
 彼はまず関羽の仇(あだ)を討とうとして、自ら軍を率いて出陣したが、戦局は不利となり、永安(白帝城)に退き病没した。臨終に際し、「この子(後主劉禅)助ける価値がなければ、君自ら取れ」と遺言したと伝える。陵は成都にあるが、その中に設けられた諸葛亮の武侯祠(し)のほうが有名である。[狩野直
『狩野直著『諸葛孔明』(1966・人物往来社) ▽宮川尚志著『諸葛孔明』(1978・桃源社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の劉備の言及

【関羽】より

…中国,三国蜀(しよく)の建設者である劉備(りゆうび)に協力した勇将。字は雲長。…

【三国時代】より

… 曹操は献帝を擁して鄴(ぎよう)に移り,華北東部を制覇した。やがて長江中流域への進出を企てたが,劉備孫権に阻止された。黄巾の乱討伐に功名を挙げた劉備は群雄の間を転々としたのち,荆州牧劉表に帰属した。…

【諸葛孔明】より

…琅邪(ろうや)陽都(山東省沂水(ぎすい)県)の出身であるが,早く父を失い,叔父に従って湖北省襄陽に割拠していた荆州長官の劉表のもとに寄寓し,晴耕雨読の生活を送ったが,その地の社交界では〈臥竜〉との評判を得ていた。たまたま劉表を頼って荆州に来た劉備は,その評判を聞くと,207年(建安12)に孔明の庵を訪れ,3度目にやっと会見できた。いわゆる〈三顧の礼〉にこたえた孔明は,劉備のために〈天下三分の計〉を説き,華北を制圧した曹操に対抗して漢室を復興するためには,江南に割拠する孫権と連合し,みずから荆州と益州(四川省)を確保して独立すべきことを勧めた。…

【蜀】より

…正式の国号は漢であるが,蜀すなわち四川省を中心版図とするので,普通に蜀漢とよんで他の漢国と区別する。前漢景帝の末裔と自称する涿郡(たくぐん)(河北省)出身の劉備は,後漢末黄巾の乱につづく群雄割拠の中で各地に転戦したのち,三顧の礼をもって諸葛孔明(しよかつこうめい)を幕下に迎え,その献策に従って208年(建安13),呉の孫権と同盟し,南下する曹操を赤壁に破って荆州(湖北,湖南)を確保し(赤壁の戦),天下三分の計の実現に着手する。やがて益州(四川省)に入った劉備は,その地の長官劉璋を追い,成都を占領して独立態勢を整えた。…

【赤壁の戦】より

…中国,後漢末,曹操劉備孫権連合軍の決戦。華北を統一した曹操は湖北の劉表を攻撃,劉表は病死して湖北の一部は曹操に下った。…

【涿】より

…明代になって范陽県の名を廃して涿州といい,中華民国以後は涿県として省に直属し今日に及んでいる。南西郊外の楼桑村(ろうそうそん)は蜀漢の劉備の生地と伝えられ,東の北台邨は宋の太祖の祖先の地といわれる。【日比野 丈夫】。…

【白帝城】より

…王莽(おうもう)のとき,この地の井戸から白竜の出るのを見,公孫述(?‐36)が漢の土徳をつぐと称して白帝を名のり,城を築いたのが始まりという。三国蜀の劉備は,呉を討つためみずから遠征したが,敗れて白帝城に退き名を永安と改め,この地で没した。近くに孔明八陣図の跡もある。…

※「劉備」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

劉備の関連キーワード関帝廟三国志演義諸葛亮蜀漢曹操馬謖曹魏原三国時代後三国時代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

劉備の関連情報