コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淘汰作用 とうたさよう sorting

1件 の用語解説(淘汰作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

淘汰作用

(1) 異なった粒度の堆積物の粒子が移動し沈澱する間に互いに分離する作用.(2) 破砕された堆積物の粒度の範囲または分散.範囲,すなわち標準偏差が小さい場合には淘汰作用は良いと表現され,範囲が大きければ淘汰作用は貧弱または悪いという.[Udden : 1914, Twenhofel : 1932, Pettijohn : 1975]

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淘汰作用の関連キーワード火山礫粒度分析液状化迂回固結機械分析側方堆積級化ルタセアスシルト頁岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone