淡路源之丞(読み)あわじ げんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淡路源之丞 あわじ-げんのじょう

1896-1964 大正-昭和時代の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
明治29年生まれ。13歳からならい,のち淡路源之丞座を結成。戦後,淡路人形芸術協会の結成にくわわり,昭和33年訪ソ淡路人形浄瑠璃一座の団長をつとめた。昭和39年4月13日死去。68歳。兵庫県出身。本名は片山恒一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android