コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習い/慣らい ナライ

デジタル大辞泉の解説

ならい〔ならひ〕【習い/慣らい】

しきたりとなっていること。ならわし。習慣。「土地の―で盆は旧に行う」
世間であたりまえであること。世の常。「栄枯盛衰は世の―」
ならうこと。学ぶこと。
「以て貿易不利にして帰り来らんとき狼狽せざるの―となし」〈永峰秀樹訳・暴夜物語〉
秘事などを口授されて学ぶこと。また、その秘事や、古くからの言い伝え。
「この御社の獅子の立てられやう、定めて―あることに侍らん」〈徒然・二三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ならい【習い】

繰り返して慣れること。しきたりとなること。習わし。習慣。 「江戸時代からの村の-」 「当時の-で、払いは盆暮れの二回であった」
世間によくあること。世の常つね。 「有為転変は世の-」
学ぶこと。学んだこと。 「仙の法を習ひて行ひき、其の-今に忘れず/今昔 10
秘事などを習得すること。また、習得した秘伝など。 「是にも-が御ざる/狂言・鎧 虎寛本
言い伝え。由緒。 「この御社の獅子の立てられやう、定めて-あることに侍らん/徒然 236
[句項目] 習い性と成る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

習い/慣らいの関連キーワードシュヴェルツベルガー:鍵盤の世界/piano solo日中すれば昃き月盈つれば食く杵屋正次郎(6世)サンテグジュペリ初心忘るべからず習慣は自然の如しコングリーブ高瀬 寿美之シュトラウスピーターソン習い性となる移れば変わるエルスラーミニョーネ邯鄲の歩み手が上がる芸は身の仇浮世の習い世の習い喋喋しい

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android