コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習い/慣らい ナライ

2件 の用語解説(習い/慣らいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ならい〔ならひ〕【習い/慣らい】

しきたりとなっていること。ならわし。習慣。「土地の―で盆は旧に行う」
世間であたりまえであること。世の常。「栄枯盛衰は世の―」
ならうこと。学ぶこと。
「以て貿易不利にして帰り来らんとき狼狽せざるの―となし」〈永峰秀樹訳・暴夜物語〉
秘事などを口授されて学ぶこと。また、その秘事や、古くからの言い伝え。
「この御社の獅子の立てられやう、定めて―あることに侍らん」〈徒然・二三六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ならい【習い】

繰り返して慣れること。しきたりとなること。習わし。習慣。 「江戸時代からの村の-」 「当時の-で、払いは盆暮れの二回であった」
世間によくあること。世の常つね。 「有為転変は世の-」
学ぶこと。学んだこと。 「仙の法を習ひて行ひき、其の-今に忘れず/今昔 10
秘事などを習得すること。また、習得した秘伝など。 「是にも-が御ざる/狂言・鎧 虎寛本
言い伝え。由緒。 「この御社の獅子の立てられやう、定めて-あることに侍らん/徒然 236
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

習い/慣らいの関連キーワード習慣慣例曇らはし定例言習わし汚らわしい仕来り慣らし習わし物習はし

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone