深度帯(読み)しんどたい(英語表記)depth zone

岩石学辞典の解説

深度帯

グルーベンマンは変成岩の分類に温度,圧力を考え,結晶片岩を物理化学的に取り扱った[Grubenmann : 1907].変成作用を地球の深さによって,エピ帯(epizone),メソ帯(mesozone),カタ帯(katazone)と分類したものである[Becke : 1903, Grubenmann & Niggli : 1924].グルーベンマンの帯は深度帯の意味があり,この場合の帯は群としての名称である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる