深度帯(読み)しんどたい(英語表記)depth zone

岩石学辞典の解説

深度帯

グルーベンマンは変成岩の分類に温度,圧力を考え,結晶片岩を物理化学的に取り扱った[Grubenmann : 1907].変成作用を地球の深さによって,エピ帯(epizone),メソ帯(mesozone),カタ帯(katazone)と分類したものである[Becke : 1903, Grubenmann & Niggli : 1924].グルーベンマンの帯は深度帯の意味があり,この場合の帯は群としての名称である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android