コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混血法 こんけつほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混血法
こんけつほう

複数の母法をもつ法秩序のこと。その法制度,法技術などの点で複数の他の法秩序を継受あるいは模倣することになる。混血法と考えられる法秩序を法系に分類することは,ときとして困難である。 K.ツバイゲルト,H.ケッツは,混血法の例として,ギリシア,ルイジアナ州ケベック州,スコットランド,南アフリカ共和国,イスラエル,フィリピン,プエルトリコ,中華人民共和国などの諸法秩序を掲げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android