コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混血法 こんけつほう

1件 の用語解説(混血法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混血法
こんけつほう

複数の母法をもつ法秩序のこと。その法制度,法技術などの点で複数の他の法秩序を継受あるいは模倣することになる。混血法と考えられる法秩序を法系に分類することは,ときとして困難である。 K.ツバイゲルト,H.ケッツは,混血法の例として,ギリシアルイジアナ州ケベック州スコットランド南アフリカ共和国イスラエルフィリピンプエルトリコ中華人民共和国などの諸法秩序を掲げている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone